公益社団法人 日本矯正歯科学会 専門医 認定医が責任を持って見えにくい矯正を提案

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 無料ライン相談
  • 舌側矯正(リンガル)
  • マウスピース
  • 唇側矯正(ラビアル)矯正歯科オプション
  • 子供の矯正保定装置(リテーナー)

新着情報

2016. 06. 01
高田馬場矯正歯科のホームページを公開いたしました。
2016. 06. 01
高田馬場矯正歯科の開院は6月12日になります。

当院の矯正治療は一つ一つの歯の動き方について診断・計画した治療です。

コンピューターで詳しくシミュレーションした歯の移動計画に基づいて、矯正治療を進めます。

PCのシミュレーション画像矯正治療の診断・歯の移動計画はお一人お一人異なります。
治療開始前に正確なコンピューターで(Dolphin)、詳しくシミュレーションした歯の移動計画に基づいて矯正治療を進めていきます。
整合性のとれた歯の移動による矯正治療があなたの一生の美しい歯並びを維持することに繋がります。

詳しくはこちら

当院は日本矯正歯科学会 専門医 認定医。また500症例以上の実績を有します。

どんな歯並びでも、見えない舌側(裏側)の矯正によって治すことができます。

治療経過図

詳しくはこちら

歯並びについてどんなことでお悩みですか?

高田馬場矯正歯科のスタッフは全て女性です。スタッフの笑顔をいつもご用意させていただいております。どのような事もお気軽にお問合せください。

治療室

高田馬場矯正歯科 
院長:名取 晶子 (なとりあきこ)

院長イメージ

〈プロフィール〉
平成11年 東京医科歯科大学 歯学部卒業
その後同大学矯正科1年在籍
矯正専門歯科医院6年勤務
平成19年5月 「赤羽矯正歯科」開院
平成29年6月 「高田馬場矯正歯科」開院
現在:
日本矯正歯科学会 専門医
日本矯正歯科学会 認定医
日本成人矯正歯科学会 認定医
日本舌側矯正歯科学会 認定医
世界舌側矯正歯科学会 認定医
ヨーロッパ舌側矯正学会 認定医
日本成人矯正歯科学会 常務理事
日本舌側矯正歯科学会 元理事
東京都北区浮間中学校 学校医

詳しくはこちら

高田馬場矯正歯科 院長日誌 詳しくはこちら
歯のサイズを小さくする方法(ディスキング・IPR) [掲載日:2018/10/19]

当院では精密検査の際に患者様の歯幅を全て計測しています。上の歯の幅と下の歯の幅には適正なバランス(Bolton分析といいます)があり、そのバランスから大きく外れている場合には、歯の幅の調整が必要となります。
そのような方の中には、ご自身で『私の前歯って大き過ぎて気になる!』とおっしゃる方もいらっしゃいます。
歯を削るの??と思うととても怖いかもしれませんが、もちろん処置は麻酔をしませんし、実は痛みもありません。当院では分析に基づいた、歯にダメージがない量しか削りません。また、歯の幅が小さくなることで歯根同士が近接してしまうこともレントゲンで確認してから、ディスキングは行わなければなりません。
最近では、歯間乳頭の退縮によるブラックトライアングルを気にされて、ディスキングをご希望される方もいらっしゃいます。
矯正治療と同時に歯の幅を直したい、という患者様は是非おたずねいただければと思います。

第76回日本矯正歯科学会学術大会 [掲載日:2017/11/04]

2017年11月3日に、第76回日本矯正歯科学会学術大会に参加してきました。

今回の学会参加の目的は「日本矯正歯科学会専門医試験」を受験することでした。

日本矯正歯科学会専門医試験は、学会から指定されたカテゴリーに一致した症例を10症例準備し審査を受けます。
学会前に一次審査と二次審査があり、それを合格すると学会で三次審査となります。
夏に一次審査と二次審査を受け、無事通過しましたので学会で三次審査を受けてきました。
お世話になっている大学の先生や先輩にいろいろアドバイスをもらい、症例提出においては当院の患者様のご協力もあり無事に日本矯正歯科学会専門医試験合格予定者になりました。

ご協力いただきました患者様に心から御礼申し上げます。

矯正用ワイヤーGUMMETALの書籍出版のお知らせ [掲載日:2013/04/11]

2013年4月10日に、矯正治療の書籍を出版いたしました。

GUMMETALとセルフライゲーティングによる舌側矯正[部分・全部]
著者: [著] 小谷田 仁 [著] 名取晶子
http://www.quint-j.co.jp/shigakusyocom/html/products/detail.php?product_id=2471

小谷田仁先生との共著で、病理的変化が起こりにくい新しい矯正用ワイヤーGUMMETALの、成人矯正治療における生理的な歯の移動様式について解説させていただきました。

詳しくはこちら